ヤフオクで車を売る方法

20160125155159

車を売る方法は沢山ありますが、個人が個人へ車を売却するのであれば「ヤフーオークション」を活用することもできます。

ヤフオクの他にも様々なオークションサービスがありますが、個人的にはヤフオクをオススメしています。利用者数も多いですし、何より安心感が桁違いですから。

しかし、個人で車を販売する以上、それなりの手間もかかりますし、販売後のトラブルのことも考えておかなければいけません。ですので、ハッキリいってヤフオクで車を売るのは敷居が高いと言わざるを得ません。

その半面、自分の言い値で車を売ることができますので、買取店での査定に納得できない場合はこれ以上ないサービスとなります。

このページでは、ヤフオクで車を売る方法を簡単に紹介していきます。車売却方法の選択肢の一つとして検討してみてはどうでしょうか?

スクリーンショット 2016-03-16 22.05.35ヤフオクで車を販売する前に、まずはアカウントを登録しましょう。既にアカウントをお持ちの方は、飛ばしてもらえればと思います。

ヤフオクにはコチラのページから登録することが可能です。

また、ヤフオクで車を売るときは有料の「プレミアム会員」になる必要があります。月額500円程度かかりますので理解しておきましょう。

ちなみに、この他にも落札手数料であったり、システム利用料が課せられることになります。

このことを理解せずに車を売却してしまうと、「買取店の査定のほうが高くなった」ということにも成りかねませんので、手数料のことは常に頭の中で考えておくようにしたほうが良いです。

システム利用料がかかります


Fotolia_95294330_XSヤフオクで自動車を売るときは、別途「システム手数料」がかかります。落札者負担ではなく、出品者負担になりますので、売却価格に練り込むなど、なにかしらの対策はしておいたほうが良いと思います。

自動車を出品する場合、「出品システム手数料」と「落札システム利用料」を支払わなければなりません。いずれも「3024円(税込)」が必要になりますので、合計「6048円」の手数料が発生することになります。

決してバカにできる金額ではありませんので、「システム利用料」の存在を忘れないようにしておきましょう。

出品の準備をしよう


bmw-918407_960_720
さて、ヤフーオークションに車を出品することが決定すれば、次は「出品の準備」に取り掛かりましょう。

オークションでは伝えられる情報が限られており、「画像」「テキスト」で車の雰囲気を感じとってもらうしか方法はありません。

「準備」を怠ってしまえば、売れるものも売れなくなってしまいますので、気合をいれて準備していくようにしましょう。

まずは、「車の写真」を撮影します。ヤフオクでは最大10枚まで写真をアップロードすることができますので、プラスポイントの写真を5枚、マイナスポイントの写真を5枚用意するのがベストです。

プラス要因ばかりを載せてしまう人も多いですが、その行為は後々トラブルに発展するリスクを秘めています。マイナスポイントもしっかりアピールすることにし、落札者さんに車の全てを知ってもらうようにしておきたいです。

プラス要因で言えば、「綺麗な内装の写真」「様々な角度からの外観写真」「付属している装備」がありますね。

反対に、マイナス要因は「ボディの傷」「内装の汚れ」「ナビがない」が考えられます。特に、修復歴がある場合はピックアップしておいたほうが良いです。

ちなみに、念のためナンバープレートは隠しておきましょう。

情報の入力


resize
出品の準備ができれば、いよいよ「車の情報」を記入していきます。

落札希望者は、ここの情報を見ることで車の状態をチェックします。ここで手を抜いてしまえば、あなたの車は売れることなく終了してしまいます。

丁寧かつ慎重に入力するようにしましょう。

まずは、「車の基本情報」を入力します。「車種」「グレード」「色」「装備」「走行距離」「車検の有無」など、あなたが車を買うときに気になる項目は全て記入して下さい。

あなたが気になることは、他の人も気になることである可能性が高いですから。

特に、「走行距離」については厳しい目で見られることになります。「走行距離」=「車の質」と言っても良いほど大事な指標ですので、かならず事実を入力するようにしましょう。

「メーター交換」や「走行距離不明」な場合でも、きちんと記入するほうが良いです。

販売価格ですが、「相場より高ければ」売れることはありませんし、「相場より安く売る」のでしたらオークションではなく、買取店で売却したほうが良いといえます。

ですので、まずはネットで大体の買取価格を下調べしてから、値段設定を行うようにして下さい。また、「即決価格」も設定できますので、この値段で売りたい!という希望があるのでしたら、そちらも設定しておくようにしましょう。

その他にも「諸経費」を入力する項目がありますので、忘れず入力して下さい。

落札された後は


justice-471885_960_720
あなたの車が無事落札されれば、後は落札者に車を渡すだけです。

基本的には「輸送」で送ることになりますが、住んでいる場所が近いのであれば、直接引き渡すのもありでしょう。

ただし、トラブルになる可能性が0ではありませんので、その辺りは自己責任でお願いします。

そして、車の売買では車両本体の他に渡さなければならない書類が沢山あります。

必要な書類は以下の通りです。

  • 車検証
  • 自賠責証明書
  • 納税証明書
  • リサイクル券
  • 印鑑証明
  • 譲渡証明書
  • 委任状

事前に用意するようにし、必ず落札者へ送るようにしましょう。

車を高く売るなら、一括査定をオススメします

スクリーンショット 2016-04-04 19.39.30

過去に私が一括査定で「HONDA ストリーム」を売却したときの話です。「60万円」→「85万円」と、なんと「25万円」もの差がでる結果になりました。

利用したサービスは「かんたん車査定ガイド」というサービスで、最大10社まで一括査定を依頼することが可能です。申し込み時間は1分程度ですので、「車を高く売りたい」とお考えであれば、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

 「無料一括査定」の詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。