車の「出張買取」で、買取金額を極限まで高くするためのポイント

GREEN_YA20140125_TP_V

下取りや持ち込み査定など、車を売るための方法は様々ですが、自宅から一歩も出ずに査定は完了する「出張査定」について、このページで触れていきたいと思います。

業者によりけりですが、査定時間は「10分程度」で終わることが多く、思ったより敷居も高くないので「とりあえず査定してみるか」ぐらいのノリでやってみるのも有りだと思います(冷やかし、悪戯はダメです)

もちろん「出張査定」そのものは無料で行っている業者がほとんどですので、売却側はリスクを負うことなく、愛車の査定額を知ることができます。

しかしながら、なんとなくで出張査定を行い、なんとなくで「売却」してしまうのは大きな損害を生む危険性があります。

なぜなら、車買い取り業者は「できる限り安い値段で車を買取る」のが仕事です。商売の基本である「安く仕入れて高く売る」を忠実に再現しているのです。

ですので、営業マンの口車に乗せられてしまうと、あれよあれよと車を売却することになってしまい、後々「もっと高値で売ることができたのに」と後悔することになります。

余談ですが、車売却に関しては「クーリングオフ」ができないようになっています。一度契約を結んでしまえば、いくらゴネても簡単には解除できないのです。

では、「出張査定」で高値な査定額を提示させるには、どのようなポイントを押さえておいたほうが良いのでしょうか?一つずつ見ていきます。


クレーム
店員さんや営業マンに対して、偉そうな口調で話す人がいます。

相手が絶対に言い返してこないことを良いことに、「何様だ!」というほど上から目線で話す人は案外多いですよね。

ですが、この行動は相手を不快にさせることはもちろんのこと、自分自身の損にも繋がります。

営業マンや店員さんも1人の人間ですから。嫌なやつに対しては良い対応をすることはないでしょう。反対に、好感が持てる客に対しては優遇してくれるものです。

車買取に関しても同じで、「もっと高く買取ってくれ!」「なぜこんなにも査定額が安いんだ!」と上から目線でクレームばかりつけていると、思ったよりも買取金額が高くならないことがほとんどです。

営業マンに対して紳士的な対応をすることで、結果として「高値で売れる可能性」は高くなります。やはり、嫌なやつには良い査定額をつけたくなくなるのが人情ってものです。

営業マンに好かれるような対応を心がけましょう。

話術に飲み込まれない


N612_kabenitewokakedennwasurudansei_TP_V
営業マンは「喋り」のプロです。巧みな話術を使いこなし、顧客を「売る気」にさせてしまうのです。

出張査定に関して言えば、「その場」で車の売却を決めてもらうことが、営業マンにとっての目標となります。

最近では顧客の目も肥えてきており、複数の業者へ同時見積もりを行ったり、インターネットで下調べしてから査定を依頼したりと、あの手この手で車を高く買取ってもらう作戦を練ります。

売る側は「高く売りたい」、買う側は「安く買いたい」となりますので、両者間に大きな温度差ができてしまうのです。

この温度差を縮めるために営業マンは巧みな話術を使います。具体的には「緊急性」を促すことにより、その場での商談を成立させます。

「今売ってくれるなら◯万円上乗せします」と、限定性、緊急性を棚上に上げ、「今すぐ売ることで得られるメリット」を提示してくるのです。

その交渉が本当に有益なものなのでしたら、その場で売却を決めてしまっても良いですが、大抵の場合「それほどお得になっていない」ことが多いですので、心にブレーキをかけたほうが良いと言えます。

基本的に営業マンは口が上手いです。それが仕事ですからね。巧みな話術に飲まれることなく、冷静に原状判断していくようにしましょう。

複数業者へ依頼する


freee151108028752_TP_V
車を可能な限り高く売却するには、「複数の業者」へ査定を依頼するしかありません。

買取業者によって「欲しい車種」や「得意な車種」が違いますので、業者の間で想像以上の価格差が存在しています。

例えば、A社では「20万円」の査定。B社では「60万円」の査定。C社では「45万円」の査定。

このように、買取業者によって査定額に大きな開きが見られるのです。

数万円程度の価格差であれば妥協できるかもしれませんが、数十万円単位の価格差は無視できる金額ではありません。特に車の査定は大きなリスクなしで複数業者へ査定を依頼することができますから。

ハッキリいって、1つの業者の査定を鵜呑みにして車を売却する行為は、「自分で自分の首を締めている」のと同義です。お金は命と同等レベルで大事なものですから。

少しでも高く売ることに全身全霊をかけるべきなのです。

注意点としては「出張査定」を依頼するときに「同時に複数業者へ見積りを出すこと」を伝えておくことです。業者によっては「査定を拒否」してくる場合がありますが、そのような業者はそもそも高値で買取ってくれる見込みが薄いです。

納得した上で査定を行ってくれる業者さんは、高値で買取ってくれる可能性が高いです。最低でも3社、理想としては5社以上の買取業者へ査定を依頼し、一番高値をつけてくれた所で売却するようにしましょう。

車を高く売るなら、一括査定をオススメします

スクリーンショット 2016-04-04 19.39.30

過去に私が一括査定で「HONDA ストリーム」を売却したときの話です。「60万円」→「85万円」と、なんと「25万円」もの差がでる結果になりました。

利用したサービスは「かんたん車査定ガイド」というサービスで、最大10社まで一括査定を依頼することが可能です。申し込み時間は1分程度ですので、「車を高く売りたい」とお考えであれば、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

 「無料一括査定」の詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。