車を売るときは洗車をしたほうが査定に好影響を与える?

cleaning-791542_960_720

車の価値を査定するときは、外装の傷や汚れであったり、内装の汚れや匂いも重点的にチェックされることになります。(参考ページ→査定のチェック項目

ですので、車を高く売ろうと考えるのであれば、車の内外装を常に綺麗にしておくことを意識し続けることと、傷・ヘコみに関しても十分気を使うことが重要となってきます。

車体をぶつけてしまい、軽く凹んでいるだけでも査定額に影響を与えてしまいます。下手をすると数万円単位の減額にも繋がりますので覚えておきましょう。

査定前は洗車したほうが良い?


車を査定してもらう前に「綺麗に洗車したほうが良い?」という疑問をお持ちの方は多いようですが、結論としては「もちろん洗車をしたほうが良い」となります。

もちろん、査定前に洗車をすることで査定額が大幅アップすることは考えられませんが、査定員に与える印象は良いものになることは間違いありません。

ホコリや水垢がベットリついているような汚い車よりは、ピカピカに洗車している車のほうが「良い車」に見えることは当然ですよね。

査定員も人間ですので、パット見の第一印象が査定に大きな影響を与えることも考えられます。汚い車だと「どうせ価値のない車だろうな」と印象付けられますが、綺麗な車であれば「価値がありそうな車だな」と考えるのが普通です。

洗車機であれば一回数百円から利用することができますし、自分で水洗いするだけならお金はかかりません。査定前は必ず洗車をしておくようにしておきましょう。

また、漠然とボディを洗車するのではなく、細かい箇所を徹底的に見ることにして下さい。ドアノブの裏であったり、エンブレム周りであったり。ドアを開けた時の足元も見落としがちです。

査定員は素人目では「こんなところまで見るの?」と思うような箇所までチェックしているものです。隅々まで綺麗にしてある車は好印象を与えることができます。

内装の掃除は?


vw-338895_960_720
外装同様、内装に関しても掃除しておくことをオススメします。

一度査定に出せば分かると思いますが、査定員はやはり「内外装」を徹底的にチェックします。

車に乗ったり降りたり。不備がある箇所に関しては手元にあるチェックシートに否応無しに記入されることになりますので、如何にしてこの減点ポイントを減らしてあげるかが重要なポイントになります。

例えば、ダッシュボード周りにはホコリが溜まりやすいですし、一番汚れが目立つ場所でもあります。

ハンドルには自分が思っている以上に手垢がついていますし、シフトレバーに関しても同様です。査定前には、必ず拭いておくようにしましょう。

また、ドライバーは後部座席への注意が低くなってしまうものです。運転席、助手席周りは綺麗だけど、後部座席は汚い状態になっていてはダメですので、その辺りも意識を強く持つようにしておきましょう。

車を高く売るなら、一括査定をオススメします

スクリーンショット 2016-04-04 19.39.30

過去に私が一括査定で「HONDA ストリーム」を売却したときの話です。「60万円」→「85万円」と、なんと「25万円」もの差がでる結果になりました。

利用したサービスは「かんたん車査定ガイド」というサービスで、最大10社まで一括査定を依頼することが可能です。申し込み時間は1分程度ですので、「車を高く売りたい」とお考えであれば、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

 「無料一括査定」の詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。