車の買取査定後に、金額が下がることもある

AL101_natuin0320140830001_TP_V

車を買取査定に出し、「思ったよりも高値で買取ってもらうことができてた」と安心しているのもつかの間、引き渡し時には提示された査定金額より低くなってしまった。

売り手からすると理不尽なことではありますが、このようなことは実際に起こる可能性があります。査定額はあくまで暫定値でありますので、実際に入金されるまでは気を抜かないほうが良いです。

では何故、一度は決まったはずの「買取査定額」が下がってしまうことになるのか?それには深い理由がありますので、ここで紹介したいと思います。


査定額が下がってしまう大きな要因の一つとして、「査定時にはなかった傷やヘコみ」があります。広範囲な汚れがある場合も査定額に影響する要因となります(汚れが目立つ場合は洗車をしましょう)

車の買取査定額というのは、その時点での評価額になります。「傷」や「ヘコみ」は車の価値を決める重要な項目となりますので、それが増えたとなると、買取業者も黙っている訳にはいきません。

少しの傷やヘコみであれば見逃してくれることもあるかもしれませんが、「車をぶつけてしまった」「こすってしまった」という場合は、一度買取店へ問い合わせしてみることをオススメします。

最悪のケースでは数十万円単位で査定額が下がることも考えられますし、下手をすると「買取不可」となる可能性も無きにしも非ずです。

それほど、傷やヘコみは車の価値を大幅に下げてしまう要因になりますので、査定後は車を使用する頻度を減らし、マイナス要因を増やしてしまうリスクを極限まで下げるようにしておきましょう。

装備を取り外してしまった


150628090775_TP_V
先ほども申し上げた通り、車の査定額はその時点での評価で決定されます。

ですので、引き渡しのときは「最低当時の原状」を維持しておく必要があります。要するに、車の形を変えてはいけないということです。

例えば「ナビ」の有無は査定額に大きな影響を与えます。安くても5万円ぐらいはしますからね、評価の対象になってもおかしくはありません。

いざ車を引き渡す!となったときに「ナビは次の車にも取り付けることができるし外しておこう」という考えが脳裏を過ることもあるかもしれませんが、その行為は「NG」です。

査定額が下がるどころか、契約破棄になってしまう可能性も十分考えられますので、外しておきたいパーツ、装備がある場合は「査定前」に取り外しておくようにしましょう。

もしくは、査定のスタッフさんに「引き渡し時には取り外す」という意思を伝えておくことで後のトラブルを未然に防ぐことができます。

走行距離が増えた


speedo-4781_960_720
「傷やヘコみ」と同様に、「走行距離」も車の価値を決めるときの重要な要因となります。

特に5万キロを超えるような車の場合は、査定額が大幅に減額される可能性が高いです。(参考ページ→走行距離について

車を査定するときは、予め「引き渡しまでに走るであろう距離」の暫定値を割り出し金額を決めるところが多いですが、予想を遥かに上回るほどの距離を走行してしまった場合、査定額が下がってしまうかもしれません。

「この車ともお別れだし、最後に遠くへ旅行に出かけよう!」なんて気持ちになることもあるでしょうが、それは「査定前」に済ますようにしておき、査定後は「なるべく車を運転しない」ことが大事です。

とはいっても、常識の範囲内で車を運転することは何の問題もありませんし、査定額へ大きな影響を与える心配もありませんので、ケースバイケースで考えるようにしましょう。

車を高く売るなら、一括査定をオススメします

スクリーンショット 2016-04-04 19.39.30

過去に私が一括査定で「HONDA ストリーム」を売却したときの話です。「60万円」→「85万円」と、なんと「25万円」もの差がでる結果になりました。

利用したサービスは「かんたん車査定ガイド」というサービスで、最大10社まで一括査定を依頼することが可能です。申し込み時間は1分程度ですので、「車を高く売りたい」とお考えであれば、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

 「無料一括査定」の詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。