車を買い換えたい!「ローン中の車」を売ることはできる?

money_omoi_loan

車はとても高額ですので、5年ローンなど長い年月をかけて返済していく人がほとんどだと思います。

最近では低金利7年ローンなども一般的となってきていますので、車の代金を支払終えるころには「愛車はボロボロ」なんてことにもなりかねません。

車は年を重ねるごとに価値がなくなります(参考→車の価値は5年?

そのため、3年周期で車を乗り換えていく考え方をするほうが、資産としては価値があるものとなります。3年後に売却すれば「200万円」の査定だったのに、5年後には「50万円」の査定しかつかなかった。ということも、決して珍しいことではないのです。

しかしながら、仮に「3年周期」で車を乗りかえることになれば、ローン中の車を下取り、買取りにだすことになります。この場合、特に問題がなく「車を売却すること」はできるのでしょうか?


所有者
車を所持しているからといって、必ずしも所有権があなたにあるとは限りません。

通常のカーローンの場合は、車の所有権がディーラーやローン会社になっていることがほとんどであり、ローンを完済して始めて「所有者」を名乗ることができるのです。

ですので、所有者があなたでない場合、「ローン中の車」は基本的には売却することはできません。(後述)

ですが、親や親戚にお金を借りて車を購入している場合や、銀行で借りている場合の車の所有権はあなたに属することになります。当然なことですが、ローンの支払い義務は残ります。

所有者は車検証を見ることで確認することが可能です。

所有権がなければ売れない?


車の所有者がローン会社やディーラーになっていれば「売ることはできない」と書きましたが、絶対に売れない訳ではありません。

ローンを一括で返済することで所有権を得ることもできますし、ローンを組み直すことで解決することもできます。簡単に言えば、「ローン残高に対してローンを組む」ということです。

銀行を利用するのも良いですし、親や友達に頼るのも良いかもしれません。とにかく、車に対して組んでいるカーローンさえ終わらすことができれば、所有権を自分に書き換えることが可能なのです。

所有者を名乗ることができれば、問題なく車の売却へ駒を進めることができるようになります。

買取業者へお願いする


YUKI_onegaishimasu-15110852_TP_V
ローン中の車を売却したい!という人は沢山いますので、買取業者もそれなりの対策方法を持っています。

大手業者になればなるほどその傾向が強いです。

例えば、「ローン残債サービス」というものがあります。全ての買取業者が対応している訳ではありませんので、詳細は各業者へ確認してみて下さい。

ローン残債サービスとは、要するに「ローン中の車」に残っている残債を完済してから車を売却できるようになるサービスのことです。

計算式としては「車の査定額-ローン残高=買取金額」となります。査定額が100万円で、ローンが50万円残っている場合は、差引額50万円があなたの口座に振り込まれることになります。

また、査定額がローンの返済額に届かない場合は、不足分を支払う形で補うことも可能です。その辺りは、買取業者と相談してみて下さい。

車を高く売るなら、一括査定をオススメします

スクリーンショット 2016-04-04 19.39.30

過去に私が一括査定で「HONDA ストリーム」を売却したときの話です。「60万円」→「85万円」と、なんと「25万円」もの差がでる結果になりました。

利用したサービスは「かんたん車査定ガイド」というサービスで、最大10社まで一括査定を依頼することが可能です。申し込み時間は1分程度ですので、「車を高く売りたい」とお考えであれば、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

 「無料一括査定」の詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。