車を売るときに「リサイクル料金」は返金されるのか?

recycle-29227_960_720

車を購入するときは、必ず「リサイクル料金」を支払わなければなりません。車を所有する人の義務ですので、例外はありません。

リサイクル料金とは、車を廃車するときにかかる費用を予め撤収する目的で平成17年に法律で定められたものです。車の種類にもよりますが、8000円〜20000円の支払いが必要です。

リサイクル料金は、車を廃車するときに必要な費用ですので、売却するときにある疑問が浮かび上がります。

「車を廃車にするんだから、リサイクル料金は返ってくる?」という疑問が。

そりゃそうですよね、廃車をするときの費用を前払いしているのですから、廃車にせず売却するとなれば「返金」されるのが常識です。

果たして、車売却時には「リサイクル料金」は返金されるのでしょうか?


結論から言うと、「リサイクル料金」は必ず返金されることになります。車を処分するときに「売却」や「譲渡」をした場合など、廃車をしない場合は例外なく返還されるお金と考えておいて下さい。

ただし、リサイクル料金の返金には注意点があります。これを知っておかなければ、大きな損を被ることにも成りかねません。知識の一つとして頭の片隅にでも置いておくようにして下さい。

「リサイクル料金」は車を売却するときに、業者から返金してもらうことになります。ですので、リサイクル料金分が査定額に織り込まれていることが多いです。

「車の査定額」+「リサイクル料金」を支払われると勘違いしていれば、後々トラブルに発展する可能性が高いです。査定時に「リサイクル料金について」を問うようにし、白黒ハッキリつけるようにしておきましょう。

また、悪質な業者では「リサイクル料金」を返金しないこともあります。

車について詳しい人であれば別ですが、多くの人は「リサイクル料金?なにそれ?」ぐらいの意識であることがほとんどです。

その隙間を狙い、「知らないなら黙っておこう」と考える業者も中には存在するのです。普通車であれば1万円ものお金を返金してもらえることになりますので、決して無視できる金額ではありません。

万が一そのような業者に遭遇した場合は、すぐさま査定をキャンセルし、違う業者へ見積り依頼をお願いしたほうが良いです。不正を働こうとする業者で大事な車を売却するほど馬鹿らしいことはありませんから。

リサイクル料金を払った記憶がない


中には、「リサイクル料金を支払った記憶がない」という人もいることでしょう。車を乗る人に対する義務でもありますので、不安に感じてしまう人も少なくないはずです。

しかし、その点は安心して下さい。現在何の問題もなく車を運転しているのでしたら、「間違いなく」リサイクル料金の支払いは済ませてあります。

というのも、リサイクル料金の支払いタイミングは「購入時」か「車検時」に限られているのです。個人的に加入するものではありませんので、上記2点を満たしているのであれば、何の問題もありません。

リサイクル料金は平成17年に施行された法律によって支払いが義務付けられたものです。ですので、それ以降に車を購入した人は、購入時に支払いを済ませていることになります。

仮に、車の購入が17年以前だとしても、車検時に支払いをしていることになりますので、車検切れの車でもない限り、リサイクル料金を支払っていないということはあり得ないのです。

車を高く売るなら、一括査定をオススメします

スクリーンショット 2016-04-04 19.39.30

過去に私が一括査定で「HONDA ストリーム」を売却したときの話です。「60万円」→「85万円」と、なんと「25万円」もの差がでる結果になりました。

利用したサービスは「かんたん車査定ガイド」というサービスで、最大10社まで一括査定を依頼することが可能です。申し込み時間は1分程度ですので、「車を高く売りたい」とお考えであれば、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

 「無料一括査定」の詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。