車を売るとき、次の車がくるまではどうすれば良い?

bmw-918407_960_720

普段から車に乗らないのであれば問題ありませんが、常日頃から「車が必ず必要な生活」をしている人にとっては、車がない期間は悩みどころです。

車を売却し、次の車が手元に届くまでは「車がない期間」となりますので、車通勤や子供の送り迎えで車が必要な人にとっては無視できない問題でもあります。

では、新しい車が手元に届くまでの空白期間を埋めてあげるには、どのような方法をとるのが良いのでしょうか?


新車で車を購入するときは、各ディーラーへ直接契約しにいくことが多いと思います。この場合、車を売却するのではなく「下取り」してもらう形になりますので、新車が届くまでの「空白期間」に関してはそれほど頭を悩ませなくても良いです。

参考ページ→車の下取りについて

というのも、下取りの場合は「新車引渡し時」に車を引き換えることが多いからです。新しい車を納車するタイミングで、前愛車を手放すことができますので、車を所持していない「空白期間」を作らず行動することが可能です。

ただし、買取査定にくるべると、下取りは査定額が安くなってしまいがちです。多いときには数十万円以上も査定に開きがでることも考えられますので、その辺りはケースバイケースで考えておいたほうが良いでしょう。

代車を用意してもらう


これが、最も合理的な方法ではないでしょうか?ただし、代車を用意してもらう費用がかかったり、代車の空きがなかったりと制限されることも多いので事前に確認しておくことをオススメします。

中小買取店では「代車」を用意してくれないケースも考えられますが、誰もが知っているような大手車買取業者であれば、ほとんどの場合「代車」を用意してもらえることになります。

しかも、多くの業者が「無料」で代車を用意してくれます。太っ腹!

ただし、前述した通り「代車の在庫」がない場合はどうすることもできませんので、買取時期を先延ばしするなどの対応策が必要になってきます。買取店と要相談の上、決めることにしましょう。

代車を貸し出して貰える期間も限られている(一概には言えませんが2〜3週間程)ので、次の車がくるタイミングを考え買取依頼を行うようにしましょう。

車を買ってから売る


見出しタイトル通りですが、車を所持していない空白期間を埋めるには「手元に新しい車が届いてから」売却するのが確実です。

ただし、車2台分を駐車できるスペースがない場合は「駐車料金」がかかります。都市部では駐車料金が月2〜3万円程度かかることもあり、現実的ではないかもしれません。

また、自動車税に関しても少しややこしくなるかもしれません。

この方法が一番確実な方法であることは間違いありませんが、本音を言えば「次の車が届く2週間前」に車の売却契約を結び、代車を借りることをオススメします。

この辺りの悩みについては車買い取り業者も熟知しています。こちらの気持ちを汲んで代車期間を引き伸ばしてくれたり、次の車が届くまでの調整をしてくれることがほとんどです。

まずは、一度相談してみることから始めましょう。

車を高く売るなら、一括査定をオススメします

スクリーンショット 2016-04-04 19.39.30

過去に私が一括査定で「HONDA ストリーム」を売却したときの話です。「60万円」→「85万円」と、なんと「25万円」もの差がでる結果になりました。

利用したサービスは「かんたん車査定ガイド」というサービスで、最大10社まで一括査定を依頼することが可能です。申し込み時間は1分程度ですので、「車を高く売りたい」とお考えであれば、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

 「無料一括査定」の詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。