車を売るときマイナスになるポイントを考え、査定額をアップさせよう!

home-366927_960_720

愛車を少しでも高く売りたい!というのは全ての人に共通することだとは思うのですが、車の査定は様々なポイントを考慮した上で算出されますので、「思ったより高く売れなかった」ということも多いです。

車の査定は「車体の買取相場」を基準にし、マイナス要因とプラス要因を考えはじき出されます。査定はポイント式で考えられることになり、1点=1000円で算出されます。

例えば、エンジン不良で「−20点」と判断されれば、査定額から「2万円」もの金額が差し引かれることになります。ですので、車を売るときは可能な限り「マイナスポイント」を失くさなければならないのです。

では、車査定において「マイナス要因」とされるのはどの部分なのでしょうか?


車の価値は、購入した日から1日単位で低くなっていきます。購入時は新車であっても、あなたが100メートルでも運転した時点で「中古車」となってしまうのです。

また、車種によっても車の価値は変わります。例えば、人気車である「アルファード」などは、1年落ち、2年落ちぐらいではそれほど価値が下がることはありません。

根強い人気を誇っている車種であれば、5年落ちであろうと10年落ちであろうと「それなりの査定額」がつくことになります。

反対に「(敢えて名前は挙げませんが)人気がない車」は、年式が新しくても査定額が低くなる傾向にあります。需要が少ないということは、高く売れる見込みがないということになりますから。

新車で購入したときは、「この車は10年以上乗ることにする」と心に決めて購入する人も多いと思いますが、その思考は損をしてしまう恐れがあります。

車は「資産」となりますが、その資産価値は年々落ちてしまいます。

5年落ちで売却すれば「100万円」の査定を受けることができたのに、10年落ちでは「10万円」の査定にしかならなかった。なんてことも、普通にあり得る話なのです。

もちろん物を大切にする思考は大事なことですが、車の資産価値を重視するのであれば「早めのサイクル」で売却を検討したほうが良いです。

10年後に「10万円」の価値しかない車を所持しているよりも、「100万円」の査定額が出される車を所持しておくほうが良いですよね?

5年サイクルで車を乗り換えていけば、常に新しいクルマに乗ることができますし、その「資産価値」も維持しておくことができます。参考→車の価値は5年?

外装の傷・ヘコみ


sports-car-633291_960_720
「車の見た目」は、査定額へ大きな影響を与えます。少しの傷やヘコみであっても、大幅減額になる可能性がありますので、常日頃から意識した運転を心がけるようにしましょう。

少しの擦れ傷や引っかき傷であっても、1箇所に付き「1点〜」を減額されることもあります。

だからといって、「査定前に修復や塗装」をすれば良いのか?と言えばそうでもなく、下手に直してしまったがために「査定額が下がってしまった」というケースもあります。

特に塗装に関してはシビアで、純正色ではないカラーに全塗装してしまえば「200点以上」もの減点になることもありますし、腕のない板金塗装業者を依頼してしまえば、それ以上のマイナス評価になる可能性があります。

フロントガラスの傷や割れも「大幅減額」の対象になります。程度によりますが、多くの場合「20点以上」の減額となりますので、該当する方は覚悟しておいたほうが良いです。

また、フロントガラスに関しても「査定前の修理、修復」は行わないほうが良いです。「修理をした」という事実がマイナス要因となってしまいますので、結果として損をしてしまうことになりますから。

内装の匂い、汚れ


PAK86_taxinaka15075427_TP_V
車内の汚れや匂いも、査定に大きな影響を与えることになります。特に「匂い」に関してはシビアに見られることになるでしょう。

例えば、タバコの匂いは大幅な減点に繋がります。ただでさえ「禁煙ブーム」の時代ですから、「タバコ臭い車」というだけで悪い印象を与えてしまいます。

さらに、シートや天井がタバコのヤニで黄ばんでしまいますし、シートには焦げ跡があるかもしれません。

これからの時代、車内ではタバコを吸わないようにし、査定時に「禁煙車」という評価を貰えるようにしたほうが良いです。最近の車にはそもそも灰皿が備わっていませんし、今後も「タバコ」に対する世間に認識は悪くなるばかりです。

余談ですが、ヘビースモーカー(1日2箱)だった私も、2年前にタバコをやめることに成功しています。やめた直後はストレスでどうにかなりそうでしたが、今となれば立派な「嫌煙家」です。

もちろん、愛車は「完全禁煙」です。

装備品について


vw-338895_960_720
車の査定は「装備品の有無」または「装備品の状態」でマイナスになることがあります。

例えば、ナビやETCを装備している車と、そうでない車では査定額に大きな開きがでてしまいます。

今時の車には、ナビもETCも「付いていて当たりまえ」です。当たり前のものがついていなければ、買取後に売却するのが難しくなりますから。

買取側としては、シビアにならなければいけない項目です。

「装備品の状態」ですが、こちらも査定に大きな影響を与えてしまいます。例えば「エアコンが故障していた」ということになれば、やはりマイナス要因になってしまうのです。

となれば、「エアコンを修理してから査定をしてもらったほうが良いの?」という疑問が頭に思い浮かんでくるとは思いますが、それは間違いです。

もちろん、エアコンを修理してから査定を受けたほうが良いケースも考えられますが、基本的には「そのまま査定を受けた」ほうが良いといえます。

装備品を修理してしまえば「修理歴」としてマイナス要因になることが考えられます。わざわざ自腹を切って修理したのに、マイナス査定になってしまえば元も子もありませんから。

走行距離について


speedo-4781_960_720
走行距離は車の価値を決める基準といっても遜色ないほど重要な項目です。

極端ではありますが、全く同じ車種・同じグレードであっても、総走行距離が1万キロの車と、10万キロの車では圧倒的な差が生まれます。

前者は200万円の査定がついたのにも関わらず、後者は10万円の査定だった。なんてことも考えられることなのです。

「距離を走っている車」=「部品を消耗している車」となりますので、走行距離が多くなればなるほど、車の価値はなくなっていくものと考えておいて間違いありません。

とはいっても、あまりにも走行距離が少ない車(5年落ちにも関わらず5000キロしか走行していない。など)もマイナス要因になることがあります。

走行距離に関しては、走行距離についてのページで詳しく書いていますので、参考にして頂ければと思います。

 

車を高く売るなら、一括査定をオススメします

スクリーンショット 2016-04-04 19.39.30

過去に私が一括査定で「HONDA ストリーム」を売却したときの話です。「60万円」→「85万円」と、なんと「25万円」もの差がでる結果になりました。

利用したサービスは「かんたん車査定ガイド」というサービスで、最大10社まで一括査定を依頼することが可能です。申し込み時間は1分程度ですので、「車を高く売りたい」とお考えであれば、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

 「無料一括査定」の詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。