車を売るときは、傷を直してからのほうが良い?

MIYA151213088749_TP_V

傷だらけの車と、傷一つない車。どちらが高く売れると思いますか?

答えが「傷一つない車」であることは誰にでも分かると思います。普通に考えて、至極当然の話ですよね。

しかし、愛車に傷を一つもつけずに乗ることなんて不可能です。一度も乗らず、ガレージに停めっぱなしにしているような車ではない限り、大小様々な傷がついてしまうことになります。

傷一つにつき1点の減点(1点=1000円)になることが多く、傷の数が多ければ多いほど査定額はどんどん下がっていくことになるのです。

「こんな小さなキズは大丈夫だろ」と自分で思っていても、いざ査定にだせば普通に減点されます。車買取業者は少しでも「安く」車を仕入れたいので、細かなキズであろうとなんであろうと減点対象とみなしてしまうのです。

外装周りは中古車を購入するユーザーに最も見られる箇所でもあります。自分が中古車を買うときに、わざわざ「キズだらけの車」を選択しませんよね。値段が安くでも、ボロボロの車には乗りたくないと思う人のほうが多いと思います。

要するに、「キズだらけの車」は需要がないのです。そりゃ査定額にも影響しますよね。


車についている細かいキズは、実は自分で消すこともできるのです。少々面倒な作業にはなりますが、「コンパウンド」というアイテムを使うことにより、対策することができます。

例えば、鍵穴周りについている「鍵を擦った後のキズ」程度であれば綺麗に消すことが可能です。想像以上に綺麗な仕上がりになりますので、査定前にやっておく価値は十分あると思います。

また、コンパウンドは「水垢」を落とすこともできます。長らく洗車していない車のボディには水垢がゴッソリこびりついています。特にボディカラーが「白」であればとても目立ちます。

水垢が査定へ直接的に響くことは考えられませんが、汚い車よりは綺麗な車のほうが査定員の評価が良くなることは間違いありません。

愛車とももうすぐお別れですし、さようならを込めて綺麗にしてあげても良いのではないでしょうか?

キズを修理したほうが良い?


大きなキズは自分では消すことができませんが、修理業者へ依頼すれば綺麗に補修してもらうことができます。以前私もキズの補修をお願いしたことがあるのですが、「どこにキズがあったのか分からない!」と驚くほど、綺麗に直してもらうことができました。

さて、キズを修理してから査定に出したほうが良いの?という疑問ですが、答えは「NO」です。キズはそのままにしておき、査定を受けるようにしましょう。

というのも、キズの補修料金って意外と高いんです。キズを消すことによって増額される査定額よりも遥かに高額になってしまいますので、「修理代」を回収することが不可能になり、結果として損をしてしまうことになります。

自分で直せるキズは補修するようにし、自力ではどうしようもないキズは放置しておくようにしましょう。

車を高く売るなら、一括査定をオススメします

スクリーンショット 2016-04-04 19.39.30

過去に私が一括査定で「HONDA ストリーム」を売却したときの話です。「60万円」→「85万円」と、なんと「25万円」もの差がでる結果になりました。

利用したサービスは「かんたん車査定ガイド」というサービスで、最大10社まで一括査定を依頼することが可能です。申し込み時間は1分程度ですので、「車を高く売りたい」とお考えであれば、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

 「無料一括査定」の詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。