車の査定額を最大限まで底上げするために「価格交渉」をしよう

価格交渉

車を少しでも高く売るための方法は沢山ありますが、査定後に「価格交渉」を行うことで、査定額の底上げを計ることが可能です。

交渉が苦手という人も多いでしょうが、やるとやらないでは最終的な査定額に大きな差を生んでしまうことになりますので、やはり「交渉はしたほうが良い」というのが率直な意見です。

では、買取業者へ価格交渉するときは、どのような手順を踏むのが良いのでしょうか?


価格交渉とか、値引きとなると、どうしても「無茶」をいって無理くり押し通すイメージが強いです。「もう少し高く買取ってくれな売らへん!」「ちょっと安すぎるんちゃうか!」大阪のおばちゃん風で言えば、こんな感じでしょうか?

もちろん、査定額に対して強気にでるのは良いことですが、強気なのと「無理やり」なのは、少し意味が違います。常識の範囲内で交渉することが、査定額を底上げするための絶対的な条件となります。

査定員さんも人間です。いくら仕事のこととはいえ、「好印象な人間」と「印象最悪な人間」であれば、圧倒的に前者へ「高査定」をつけてくれることでしょう。

例えば、崖から落ちそうになっている「嫌いな上司」と「尊敬できる上司」がいたとします。どちらを優先的に助けますか?という問に対しては、よほどの変人でない限り「尊敬できる上司」に票が集まることでしょう。

少し無理やりな例えではありますが、まぁそういうことです。

自分から希望額は言わない


買取業者によっては、査定額を提示する前に「希望額はおいくらですか?」とか「おいくらだったら売ってくれますか?」というニュアンスで質問をしてくる場合があります。

愛車の買取相場を理解したうえで「◯◯万円!」と答えるのであれば話は変わってきますが、相場も何も分からない状態で希望額を提示してしまうのはNGです。

あなたが言った希望額が相場よりも安く、「では、その価格で買取ましょう!」と話が進んでしまう可能性が高いです。例えば、買取相場が100万円なのにも関わらず、希望額を70万円に設定してしまったとしましょう。

この場合は、30万円の損となってしまいますね。

万が一、買取希望額を聞かれたときは回答をせず、「相場が分からないので何とも言えません」で通すようにしておきましょう。希望額を決めるのは、査定がでてからでも遅くありませんから。

ライバルと競わせる


車を売却するときは、基本的に「複数業者」へ査定を依頼するのがデフォルトです。業者によって買取価格は上下しますので、より高く買取ってくれる業者を見つけるために最低でも3社には査定を依頼するようにしましょう。

複数業者へ査定を依頼すると、大体の場合は以下のような差がつくことになります。

  • G社:57万円
  • H社:60万円
  • N社:55万円
  • K社:63万円

この場合、K社の63万円が一番高値な査定額になります。このままK社に決めても良いのですか、ここで「価格交渉」を行うことで、もう少しだけ査定額を底上げできる可能性があります。

この時点で、G社、H社、H社に売却するという選択肢がなくなりましたので、ダメ元で「K社は63万円で買取ってくれるとのことなので、そちらで決めたいと思います」と言ってみるようにしましょう。

「そうですか」で終わる業者はそれまでですが、「じゃあうちは・・・」と、打診してくるような業者であれば査定額をK社以上にしてくれる望みが高いです。

例え1万円でも高く売れるほうが良いに決まっていますので、一度だされた査定額で妥協するのではなく、交渉により査定額を底上げできるように努力するようにしましょう。

車を高く売るなら、一括査定をオススメします

スクリーンショット 2016-04-04 19.39.30

過去に私が一括査定で「HONDA ストリーム」を売却したときの話です。「60万円」→「85万円」と、なんと「25万円」もの差がでる結果になりました。

利用したサービスは「かんたん車査定ガイド」というサービスで、最大10社まで一括査定を依頼することが可能です。申し込み時間は1分程度ですので、「車を高く売りたい」とお考えであれば、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

 「無料一括査定」の詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。