車の「買取」と「下取り」は何が違う?どっちが良いの?

freee151117071495_TP_V

車を売却するときは「買取」と「下取り」のどちらかを選択することになるのですが、両者間の違いをハッキリ答えられる人は少ないんじゃないかな?と思います。

「車を売る」という事実に関しては「買取」も「下取り」も結果としては同じですが、両者共にそれぞれメリット・デメリットがありますので、安易に決めてしまうのは危険です。

もしかすると、この選択を間違えてしまったがために「大きな損」をしてしまうことも十分考えられるのです。車の売却を考えている人は、もう一度よく考えてみて下さい。

では、車を「買取」してもらうのと、「下取り」してもらうのでは、一体どのような差があるのでしょうか?


車を「下取り」に出すということは、新たに車を購入するディーラーに「引き取ってもらう」形になります。車の契約と同時に売却の契約も進めていけることになりますので、手間の面で見ると「下取り」のほうが圧倒的に利があります。

例えば、300万円の車を購入し、現在乗っている車の「下取り査定額」が70万円だとすると、「230万」で車を購入できることになりますね。

少しテクニックが必要ですが、新車を値引いてもらうための戦略として「下取り」を使うこともできます。

下取りは手間が少なく、「大手ディーラー」という信頼感も後押しし、車を売却する多くのユーザーが「買取」ではなく「下取り」を選択しています。下取りであれば代車を用意する必要もありませんしね。

人間、面倒なことは嫌いですし、その場のノリで決めてしまうことも多いです。ですが、「本当に下取りでいいの?」という疑問に対してもう少し冷静に考えて見て下さい。

実は、下取りで出される査定額の多くは「買取」に比べて低くなってしまうことが多いです。場合によっては数十万単位の差がでてしまいますので、決して無視できる金額でないことは確かです。

ディーラーは「買取専門店」ではありません。そのため下取りに力を入れるのではなく販売に力を全力投球しますので、このような結果になってしまう訳です。

さらに、何の疑いもなく「車の下取り」を選択してしまうユーザーは、そもそも「愛車の価値」を知らないことが多いです。下取り額を提示されて「え、安くない?」という疑問を持つ人がそもそも少ないのですね。

このことから、「下取り」は他店に競合されることなく着実に事を運ぶことができますので、一般的には「低く見積もられること」が多いです。

1万円、2万円の差であれば良いですが、数十万となると話が変わりますよね。車を「下取り」に出すときは、同時に「買取」についても気にするほうが良いです。

「買取」とは


買取は「下取り」とは違い、専門の業者へ車を持込み「売却」する方法です。中古車販売店であれば買取を行っている業者も多いですし、CMをバンバン打っているような大手買取業者で売却することもできます。

「買取」のメリットは、やはり下取りよりも「高値」で売ることができるところにあるでしょう。一概には言えませんが、人気車種であれば「下取り価格+10万円」程度までは持っていけると思います。

ただし、どうしても手間の面を考えると「下取り」に比べて圧倒的不利な状態になってしまいます。ですので、多くの方が買取ではなく下取りを選択してしまうのです。

少しの手間をかけてやることで、数十万単位のお金が転がり込んでくるかもしれないのに・・・。世の中、多くの人が多くのをしていることになりますね。

そして、「買取」は競合されます。世の中には沢山の「車買い取り業者」が存在していますので、他の業者へ負けじと強気な査定額を出してくれる業者もあります。

複数の業者へ見積依頼をすることで、「A社では50万円」「B社では75万円」「C社は35万円」と、査定額に大きな差がでることもあります。

「そんな大袈裟な・・・」と考える人もいるかもしれませんが、これは事実なのです。事実を疑い、疑うことに疑問を持たなければ、真実は見えてきません。

後で「え、下取り価格よりも30万円高値で売れるじゃん・・・」と後悔しても、後の祭りにしかなりません。車を売るときは「下取り」も「買取」も考慮するようにし、一番高く買取ってくれる業者へ売却するようにしましょう。

どっちのほうが良い?


SAYA160105352465_TP_V
買取と下取りにはどちらもメリットがありますし、反対にデメリットもあります。

ですので、一概に「どちらが良い」とは言い難いのが事実ですが、私の経験論で語らせてもらうと「買取のほうが良い」と言えます。

私は過去に7台の車に乗っていますので、車を買取ってもらった経験は豊富です。もちろん、下取りに出したこともありますので、どちらの目線に立っても意見を述べることができます。

一つだけ言えるのが「買取のほうが圧倒的に査定額が高い」ということです。大事な愛車を売却する訳ですので、1円でも高く買取ってもらいたいのは親心ってもんでしょう。

買取にも「代車」や「手間」のデメリットはありますが、それを差し引いても「お金」の魅力は凄まじいです。10万円とか20万円とか、それぐらい平気で差がつきますからね。

「買取査定」をしてもらうときは必ず「複数業者」で見積もりをとるようにし、最高値の査定額をつけてくれた業者へ売却依頼をするようにしましょう。

車を高く売るなら、一括査定をオススメします

スクリーンショット 2016-04-04 19.39.30

過去に私が一括査定で「HONDA ストリーム」を売却したときの話です。「60万円」→「85万円」と、なんと「25万円」もの差がでる結果になりました。

利用したサービスは「かんたん車査定ガイド」というサービスで、最大10社まで一括査定を依頼することが可能です。申し込み時間は1分程度ですので、「車を高く売りたい」とお考えであれば、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

 「無料一括査定」の詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。