車の価値は5年で下がる?

sports-car-633291_960_720

車はとても高価なものですので、多くの人は、10年、20年と潰れるまで乗り潰す!という気持ちを持って購入することと思います。

しかし、車を所有する人の中には、3年、5年サイクルで乗り換えを行う人がいます。私もその中の1人でして、正直な気持ちを申し上げますと、「車の寿命は5年」だと考えています。

あまり深く考えて欲しくはないのですが、「車は5年で乗れなくなる」と言ってる訳ではありません。最近の車は丈夫に作られていますので、大事にのれば10年でも20年でも乗ることは可能です。

しかしながら、「形あるものいずれ壊れる」という言葉がある通り、長く所有している車であればあるほど故障する可能性は高くなりますし、古くなればなるほど「車の価値」は低くなってしまいます。

購入当時は400万円で買った車も、10年後の売却価格は「20万円にしかならなかった」というのは、決して珍しいケースではないのです。

査定額が1円にすらならないことも十分考えられますね。


wrench-82893_960_720
新車で購入したときは「3年」、中古で購入したときは「2年」に一度、必ず車検を通さなければなりません。

車の種類や破損状態にもよるので一概には言えませんが、普通車の車検金額は「10万円」をオーバーすることは当たり前です。

このページを作成する一ヶ月ほど前、私の愛車を車検に出したのですが、なんと「25万円」もの車検代を請求されました。

シャフト関連部品が破損しており、そちらの修理料金が高くついたのが高額になってしまった原因の一つです。

このように、車を長く乗ればのるほど「車検代」が高くなることは必然的ですので、長く車を所有することは車検のコスト面で不利だということになります。

新車で購入した場合、3年目、5年目、7年目が車検を受ける時期になります。

最初の「3年目」はもちろん車検を通すとして、「5年目」の車検はどうでしょうか?5年目といえば、徐々に車の劣化が始まってくる時期でもあります。

カーローンを「5年払い」で設定している人も多いでしょうし、ちょうどローンの支払いを終える年でもあります。この時点で、車検を通すのは勿体無いと思いませんか?

これが「車の寿命は5年」と考える理由の一つです。

モデルチェンジを考える


car-1081742_960_720
車は常に進化しています。あなたが乗っている車種も、生産中止にでもならない限り、いずれモデルが変わってしまうでしょう。

車のモデルチェンジにはマイナーチェンジとフルモデルチェンジがあります。

マイナーチェンジの場合、現行の車種を少し改良する程度で収まることが多いのですが、フルモデルチェンジとなれば話は別です。

フルモデルチェンジをした車はデザイン、性能が一心されることになり、同じ車種でありながら、全く違う車に生まれ変わってしまうのです。

フルモデルチェンジのサイクルはメーカーや車種によって異なりますが、一般的には「5年周期」で行われることが多いです。

もちろん、時代の流れと同時に最新のテクノロジーを登載した車が誕生することは、ユーザー目線で見ても嬉しい限りではありますが、問題の着眼点はそこではありません。

なぜなら、フルモデルチェンジをした車種の前モデルは、買取査定額に大きな変化を与えてしまうからです。一概には言えませんが、数十万単位で査定額に開きがでることも珍しいことではないのです。

このことから、フルモデルチェンジが行われる確立が高い「5年目」までに、車を手放したほうが良いと考えています。

買取査定額が低くなる


Fotolia_95294330_XS
車種のフルモデルチェンジ後は査定額が下がることは前項で説明しましたが、それを除いても「車を長く所持すること」による査定額ダウンは避けられないものです。

車の査定は様々な要因を加点、減点して割り出されます。

当然、減点ポイントが多くなればなるほど査定額は低くなってしまいますので、いかに「良い状態の車」で査定を受けるのかが重要になってきます。

様々な要因が組み合わさることではじき出される買取査定額ではありますが、中でも「走行距離」や「傷・ヘコみ」、「内装の汚れ」は重要な項目となります。

一般的な年間走行距離は「10000km」と言われていますので、5年目では5万キロ、10年目だと10万キロの総走行距離になっていると考えられます。

長く使用していると傷やヘコみ箇所も増えるでしょうし、内装に関しては汚れの蓄積が物凄いことになっていることでしょう。

5年目で売却したときは「150万」の査定がついたのに、7年後には「50万円」の査定になってしまった。ということも実際に考えられることなのです。

このことから、車を長期保有するのは「損」だということが分かりますね。

車を売却したお金を次の車購入資金にあてることで、常に「最先端の車」に乗り続けることができるようになります。よほど車に愛着があるのであれば別ですが、そうでなければ、5年周期で車を乗りかえることにしてみてはどうでしょうか?

車を高く売るなら、一括査定をオススメします

スクリーンショット 2016-04-04 19.39.30

過去に私が一括査定で「HONDA ストリーム」を売却したときの話です。「60万円」→「85万円」と、なんと「25万円」もの差がでる結果になりました。

利用したサービスは「かんたん車査定ガイド」というサービスで、最大10社まで一括査定を依頼することが可能です。申し込み時間は1分程度ですので、「車を高く売りたい」とお考えであれば、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

 「無料一括査定」の詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。