ディーラーに車を売る!下取りのメリット・デメリット

ディーラー

ディーラーで車を買うときは、現在乗っている車を「下取り」に出すことがほとんどです。

車の売却方法は多種多様化されているにも関わらず、新車を購入する人の約8割はディーラーの下取りを利用するとも言われています。

もちろん、下取りは便利なシステムですので、それを否定する訳ではありませんが、やはりディーラーで下取りに出すことで発生するメリットの影には、「デメリット」もあるのです。

メリット・デメリットの両方を理解せず「まぁいっか。」と楽観的に車を売却してしまうと、あなた自身が大きな損害を被ることになるかもしれません。

このページでは「ディーラー下取りのメリット・デメリット」を紹介していますので、参考にして頂ければと思います。


150912275732_TP_V
まず、ディーラーで下取りにだすことの「メリット」を紹介していこうと思います。

車を新車で購入するときは、ディーラー側に「下取り」について入念な説明があるとは思いますので、下取りに関する説明はここでは省かせて頂きます。

また、各ディーラーによって下取りに対する姿勢が違ってきますので、あくまで「参考」までに受け取って頂ければと思います。

  • 車の購入と同時に売却(下取り)ができるので手間がかからない
  • 大手メーカーのディーラーという安心感を持って売却できる
  • 下取りを値引き交渉の材料に使うことができる
  • 買取(下取り)拒否されることが少ない
  • 代車が必要ないので「車なしの期間がない」

では、一つずつ見ていきましょう。

下取りは手間がかからない?


新車を購入するのと同時に、「下取り」の話を進めていけるので手間がかかりません。特別な手続きも要らず、慣れた営業マンとのやり取りが可能なため、その面でもプラスとなります。

買取業者へ車を売却する場合、ディーラーと買取店の両方に足を運ばなくてはならず、時間的ロスが多くなる。このことから、下取りは「時間的な手間」をなくすメリットがあります


安心感がある?


ディーラーはメーカーが直で運営している訳ではない場合が多いですが、やはりネームバリューによる安心感は相当なものです。

中古車買取店でも大手であれば安心感を得ることはできますが、名前も聞いたことのない地域密着型の買取店で車を売るとなれば常に「不安」がまとわりつくことになりますよね。

気兼ねなく安心して大事な愛車を売却できることが、下取りのメリットでもあります


値引き交渉の材料に使える?


正しくは「値引き」ではなく、下取りの「上乗せ交渉」をすることができます。新車を購入するときは、車両価格から幾らか値引きしてもらうことになりますが、人気車種になればなるほど値引きの最大値が低く設定されています。

いくら粘ったところで「値引き」には限界がありますので、そこで「下取り」を使います。

「あと5万円、下取り価格を上乗せしてくれたらな」と、営業マンへ交渉してみましょう。


買取拒否されない


車買取業者では、どうしても「買取ってもらえない車」がでてきます。厳密には「売り方を知っていればどのような車でも売れる」のですが、例えば「事故車」であったり「不動車」であれば、買取拒否する業者も多いです。

その点、ディーラーの下取りは「ほぼ全ての車」を下取りのかけてくれます。厳密にいえば、お金にならない車は無料、もしくは無料に近い金額で引き取ってくれる訳です。

車を廃車するのはお金がかかりますし、どのような車でも引き取ってくれるのは下取りの大きなメリットとなりますね。


車なしの期間がない


車買取業者へ依頼すると、どうしても「車なし期間」ができてしまいます。大手買取会社であれば代車を有料(無料のところもあります)で手配してくれますが、中小の買取業者ではそういう訳にはいきません。

普段の足として車を使用している人からすれば、一日でも「車がない期間」があれば不便極まりないですよね。

その点、下取りでは車の引き渡しと同時に下取り車を受け渡すことになりますので、車が手元にない期間を0に抑えることが可能になります。


下取りのデメリット


TSJ93_dekopin20150208144726_TP_V
下取りのメリットの裏には、やはりデメリットも存在します。

正直なことを申し上げますと、私自身「下取り」よりも「買取」派でして、過去に乗ってきた7台の車のほとんどを買取業者で売却しています。

理由は単純で、これから紹介する下取りのデメリットが、得られるメリットよりも受ける影響が大きいからです。

では、下取りにはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

  • ディーラーは販売専門で、買取専門ではない
  • 他社メーカーの下取り額が低くなりやすい
  • 純正以外のオプションが考慮されにくい
  • 「重要」買取に比べて、査定額が極端に低くなる

買取専門ではない?


ご存知の通り、ディーラーは「買取専門」ではなく「販売専門」です。ですので、買取業者に比べて車査定のノウハウが少ないですし、売却ルートも限られています。

ディーラーにとって下取りは「おまけ」要素が強く、利益を上げることができるのはやはり「販売」となります。ですので、本来の車の価値を見極めることができず、結果としてそれが「デメリット」になります。

ディーラーは販売のプロ、車買取業者は買取のプロと分けて考えることが何より大事です


他社メーカーは安くなる?


そこまで躊躇な差がでることは稀ですが、やはり他社メーカーの下取り査定額は低く設定されているようです。例えば、トヨタディーラーでホンダの車を下取りに出すということです。

例えばトヨタであれば「U-CAR」という独自の中古車販売経路を持っていますが、それでもやはり他社の車は安く下取り査定をだす傾向にあるようです。

理由は様々でしょうが、やはりメーカーの策略としては「他社メーカーに乗り換えられたない」という思惑があるのでしょう。

他社メーカーに乗りかえるときは、下取りでは損をする可能性が高いです


純正以外のオプションが考慮されない?


中古車買取店の場合、車についている装備は全て査定へ考慮されます。例えば社外エアロであったり(マイナスになることもあります。参考→改造車は売れる?)、シートカバーであったりです。

下取りの場合、純正オプションのみを査定基準にする場合が多く、どれだけ価値のある装備品をつけていたとしても、査定に組み込まれないことが多いです。

社外であれば、ナビやホイールも査定に組み込まれない可能性が高いので、その点はデメリットと言えるでしょう。


「重要」査定額が安い


この項目が、一番のデメリットです。下取りは「買取」に比べて査定額が低くなる傾向にあり、何も考えずに下取りに出してしまえば、数十万円の損をしていた・・・なんてことも考えられます。

ディーラーは「販売専門」ですので、中古車を売るノウハウを持ちあわせていないことが多いです。ですので、高い金額で下取りをしてしまえば、「新車販売」で得た利益を全額吐き出してしまう恐れがあるのです。

その点、買取業者は「買取」に関するノウハウを持っていますし、独自の販売ルートを持っていることが多いです。そのため、強気な査定で車を買取ったとしても、結果として利益を出すことができるのです。

また、買取業者は「車を買ってなんぼ」の商売です。薄利多売な商売をしているところも多いですので、多少査定額を上乗せしてでも車を購入しなければならないのです。

下取りでは30万円の査定が、買取では60万円の査定が出された。なんてことも決して夢ではありません。30万円の差はとても大きいですし、無視できる金額ではありませんよね?

少しでも愛車を高く売りたいのであれば、下取りより「買取」を選ぶことをオススメします。

車を高く売るなら、一括査定をオススメします

スクリーンショット 2016-04-04 19.39.30

過去に私が一括査定で「HONDA ストリーム」を売却したときの話です。「60万円」→「85万円」と、なんと「25万円」もの差がでる結果になりました。

利用したサービスは「かんたん車査定ガイド」というサービスで、最大10社まで一括査定を依頼することが可能です。申し込み時間は1分程度ですので、「車を高く売りたい」とお考えであれば、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

 「無料一括査定」の詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。