車の色(ボディカラー)は査定額にどう影響するのか?

ELFA_45dadI_TP_V

車の査定額を決める要因は沢山あります。

走行距離であったり、外装の状態であったり。エンジンの調子や足回りの調子も重点的に査定されることになります。(参考→車査定のチェックポイント

これらのチェックポイントをどうクリアするかが、車を高く買取ってもらうためのコツになるのですが、中には自分の力だけではどうすることもできないポイントもあるのです。

走行距離であれば、無駄に車を運転しないことで減らすことができますし、外装の傷は少し意識を強く持つだけで減らすことが可能です。

しかし、実は車の査定では「車の色(ボディカラー)」によっても査定額が増減されることもあり、最悪のケースでは数十万円の差がでてしまった。ということも考えられないことではないのです。

そこまで躊躇な例は稀ではありますが、数万円単位の差であれば決して珍しいことではありません。では、車査定における「ボディカラー」の影響はどのようなものなのでしょうか?


車のカラーで売れやすいとされているのが「黒、白、シルバー」の三色です。人気があるというよりは「無難」なカラーという位置づけですね。

パールホワイトに関しては、購入時にもその値段に差がつきます。車種やメーカーにより増額分は変わるのですが、おおよそ3万円ほど料金が高くなります。

こちらは人気があるとかそういう次元の話ではなく、単純に「塗料」の価格の問題であることがほとんどです。パール系の塗料は一般色に比べて単価が高いですから。

反対に「赤、青、黃」の原色カラーであれば、査定額が下がってしまう可能性が高いです。運転中に周りを見渡せば、驚くほど「原色の車の数」が少ないことに気がつくはずです。

乗っている人が少ない=需要が少ないとなりますので、買取業者からすればそのような「不人気カラーの車」を買取するのはリスクになってしまいます。

そのため、査定額が低くなる傾向にあるのです。

車種により異なる場合も


例として「フェラーリ」を挙げてみます。

フェラーリは知る人ぞ知る高級スポーツカーであり、私のような一般庶民には一生縁のない車です。1台3000万円以上しますし、維持費も半端無くかかります。

そんな雲の上の人のような存在である「フェラーリ」ですが、頭の中で想像したときに出てくるボディカラーは、決まって「赤」になると思います。

これはその車が持つ「イメージカラー」が原因となっており、無意識に「フェラーリと言えば赤でしょ!」という先入観にとらわれてしまっているのです。

スズキのスイフトであれば「黄色」をイメージする人が多いでしょうし、スバルのレガシーやインプレッサでは「青色」を想像する人が多いでしょう。

このように、車種独自の「イメージカラー」を持っているような車を売却するときは、条項であげた「人気色」の法則は崩れ去ります。

というより、その車種での人気色が「イメージカラー」になりますので、それ以外のカラーであれば査定額にマイナスの影響をもたらしてしまう可能性が高いです。

このように、車の査定には「ボディカラー」も影響してきますので、車を購入するときは売却するときのことも考えたカラー選びをするほうが良いと言えますね。

ただし、「本当は青がいいけど、妥協に妥協して黒に・・・」ということは止めたほうが良いです。やはり自分が納得したカラーでなければ愛着が湧きませんし、購入後に後悔してしまうかもしれませんから。

慎重に考慮するようにしましょう。

車を高く売るなら、一括査定をオススメします

スクリーンショット 2016-04-04 19.39.30

過去に私が一括査定で「HONDA ストリーム」を売却したときの話です。「60万円」→「85万円」と、なんと「25万円」もの差がでる結果になりました。

利用したサービスは「かんたん車査定ガイド」というサービスで、最大10社まで一括査定を依頼することが可能です。申し込み時間は1分程度ですので、「車を高く売りたい」とお考えであれば、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

 「無料一括査定」の詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。