10年落ちの車を売ることはできる?

auto-788747_960_720

車の価値を決める要素は沢山ありますが、その中の一つに「年式」という重要な要素があります。

車は新しいほど高値がつき、古くなればなるほど価値が下がる傾向にあります。3年落ちの車に比べると10年落ち、11年落ち、12年落ち〜と古い車は価値が半減するということです。

車種にもよりますが、人気のない車種の場合は「そもそも売ることができない」可能性すらあるのです。では、10年落ち以上の車を売ることはできないのか?と問われれば、決してそうではありません。

年式が古い「低年式車」には低年式車の売り方があるのです。


home-366927_960_720
低年式車は、残念なことに「高値な査定額」を提示してもらえる可能性は低くなります。

そもそも低年式車は需要が低くなるために、買取後販売できないというリスクも秘めているのです。

車買い取り業者としては、このリスクを最小限に抑えることができなければ赤字になることになりますので、シビアな査定額を提示する以外に道はないのです。

そして、買取業者は当然ながら「できるだけ安く買取りたい」という気持ちが強いです。「安く買って高く売る」は商売の基本ですから、仕方ありませんね。

中には「低年式車ということをダシにして安く買取ってやろう」と目論む業者もあると思います。「10年落ちなので価値はありませんね。できても無料で引き取るぐらいです」と言われるかもしれません。

確かに、廃車にするぐらいであれば「引取り」してもらうほうが良いことは確かですが、それでは大きな損をしてしまう可能性が高いです。

廃車にするしか選択肢がないような車でも数万円の査定がつくことはザラにありますし、人気車種になれば数十万円で買取ってくれる業者もあります。

要するに、「どの業者で売るか?」というだけで、10年落ち以上の低年式車に提示される査定額は大きく上下するのです。

具体的には、「できるだけ沢山の業者へ査定を依頼すること」が重要になります。最低でも5社、できることなら10社には見積もりを依頼したいところですね。

ただ、一つだけ問題があり、沢山の業者へ見積を依頼するということは、それだけ多くの時間がかかるという訳です。一つ一つの業者へ足を運んでいれば、時間がいくらあっても足りません。

そこで便利なのが、「無料一括査定サービス」の存在。沢山の買取業者に一括で査定を申し込むことができますので、後はその中から「一番高値な査定額を提示した業者」を選択すれば良いだけ。

場合によっては20万円、50万円と腰を抜かすような金額差が提示されることになりますので、10年落ちの車を売却するときは、ぜひ活用したいサービスです。

参考(外部サイト)→《車買取》最大8社無料一括査定

走行距離を考慮する


HIRA86_bikespeedm_TP_V
年式が古い車は査定が安くなるとは言いましたが、車の査定は様々な要因を考慮して算出されることになります。

一概に「年式が古い」というだけでは見てはいけないのです。

その一つに「走行距離」が挙げられます。走行距離は年式同様、車を査定する上でとても重要な項目となります。

ですので、「10年落ちの車」であろうとも、「走行距離が3万キロ」と少なければ、その分査定額に上乗せされるということです。

もちろん、10年落ちという事実が消える訳ではないので、その車が本来持つ価値での査定額増減とはなりますが、「年式が古いから売れない」という先入観は捨てておくべきです。

走行距離の他にも、ボディの傷であったり内装の程度でも査定額は大きな開きがでますので、まずは査定を受けることから始め、可能な限り「低年式車」を高く売るための方法を模索してみましょう。

参考ページ→走行距離について

車を高く売るなら、一括査定をオススメします

スクリーンショット 2016-04-04 19.39.30

過去に私が一括査定で「HONDA ストリーム」を売却したときの話です。「60万円」→「85万円」と、なんと「25万円」もの差がでる結果になりました。

利用したサービスは「かんたん車査定ガイド」というサービスで、最大10社まで一括査定を依頼することが可能です。申し込み時間は1分程度ですので、「車を高く売りたい」とお考えであれば、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

 「無料一括査定」の詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。